グアムビジターズバイブル【グアムおすすめ情報】

嵯峨野に純日本産うなぎが登場

7月21日は、グアムの解放記念日。そして、土用の丑(うし)の日です!
最近では、鰻の養殖業者など春、秋、冬の土用の丑の日にも鰻を食べる習慣を普及させようという動きがありますが、やっぱり夏の土用の丑の日は盛り上がますよね?!
万葉集の時代から、薬や食品として利用されてた「鰻」は、ビタミンAを筆頭に、たんぱく質、ミネラルなどが豊富に含まれており、抗酸化作用や細胞の老化を防止するビタミンEが、100gあたり約10mgも含まれています。
そして、赤ちゃんからお年寄りまで、人間には必ず必要と言われているDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)といった必須脂肪酸も含まれ、皮周辺にコラーゲンが含まれています。美肌効果が高いとされるコラーゲンは、運動量の多い部分ほど良質なコラーゲンが含まれているため、全身を使って泳ぐ鰻は、まさに良質なコラーゲンの宝庫ということになります。
素材選びに定評のある嵯峨野(オンワードビーチリゾート内)では、小峯料理長がナント稚魚から成魚まで日本国内で飼育された純日本産の鰻を日本より直送します!
中国産など安値の鰻は、脂を多く含むため柔らかいものの、そのぶん鮮度も落ちやすく保存期間が長くなるほど、脂が酸化して味覚が落ちてしまいます。締まりのある弾力とクセのない自然な脂のノリが満喫できる日本産の鰻は、日本人が昔から親しんできた伝統の味。文句なしに「旨いっ!」の一言なのです。
今年は、日本国内の稚魚が不足から仕入れ値が対昨年比より40%も値上がりしているというのに「日頃の感謝の気持ちを込めた特別価格でご奉仕!」という、小峯料理長の心意気には脱帽です。
特別ディナーは、2011年7月21〜8月2日17:30〜21:30 (*7月22日、29日を除く)。たっぷり1本付けの鰻重、肝吸い、香の物、小鉢で、$35.00+サービス料10%。
丑の日&二の丑ランチは、2011年7月21と8月2日の2日間限定(11:30〜13:30)。鰻丼(半身)、味噌汁、香の物で$15.00+サービス料10%。なんと、お持ち帰り用も追加1ドルで注文OK!
鰻の仕入れ数が限られているうえに、注文を受けてから焼き上げるので、絶対に食べたい(特に短気な方)は、予約するのがベスト。丑の日&二の丑ランチは、席数が限られているので、マスト予約と言えます(お持ち帰り用も予約するべし)。
グアムで純日本産の鰻を、このお値段で食べられる処は絶対なし。
売切れ御免も多いにあり得ますので、早めに予約しましょう!
嵯峨野
問い合わせ先: 647-7777 内線4413(オンワードビーチリゾート内)


Exit mobile version