September 20, 2020

グアムビジターズバイブルへようこそ

嵯峨野の今月の料理長 おすすめアラカルトメニュー

嵯峨野の今月の料理長おすすめ (2014年2月)
LINEで送る
Pocket

金曜日の寿司食べ放題ブッフェや、日曜日のサンデイブランチでお馴染みの嵯峨野に、旬の味覚が楽しめる「今月の料理長おすすめアラカルトメニュー」が登場しました。

嵯峨野の今月の料理長おすすめアラカルトメニュー (2014年2月)

メニューは、「月も朧に白魚の篝もかすむ春の空とは」という歌舞伎(三人吉三廓初買)の一節にも登場する、「白魚」を三つ葉とカラリと揚げた掻き揚げ($15.00)や、身体全体を青く発光させることから“海の宝石”と呼ばれる「ホタルイカ」に菜の花を添えた辛子酢味噌和え($12.00)、富山湾でしか水揚げされない貴重な「白海老」の素材の味を引き出した釜揚げ($12.00)など、春の訪れを告げる逸品。

白魚と三つ葉のかき揚げ (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

ホタルイカと菜の花の辛子酢味噌和え (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

富山産 釜揚げ 白海老 (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

寒鯖の味噌煮 柚子風味 (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

脂が乗りに乗った極上の寒鯖の味噌煮〜柚子風味($12.00)、旨みが凝縮されている殻付生牡蠣ポン酢($15.00/5個)、2種類の味噌ソースでいただくグアム産まぐろの和風ステーキ($18.00)など全18種類。

殻付き生牡蠣ポン酢(5個) (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

グアム産 まぐろの和風ステーキ (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

寒ブリのお刺身 (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

寒ブリのたたき サラダ仕立て (嵯峨野 オンワードビーチリゾート)

そして、今月の目玉は何といっても冬の日本海の王様「寒ブリ」。

北海道沿岸から脂肪を蓄え雪の舞う荒波の日本海に到達し、湾内でえさを食べ、さらに脂が乗ったブリが「ブリおこし」と言われる大きな雷が鳴ったとき、驚いて湾や港に逃げ出し定置網にかかり、市場から食卓に届けられるのだとか、、、

嵯峨野では、築地の白身専門仲買業者が週ごとに最高の状態のブリをグアムへ直送し、小峯料理長がさばくので、氷見、能登、佐渡など、鮮度バツグンの天然ものの寒ブリが週替わりで登場! グアムで最高レベルの寒ブリが楽しめるなんて素晴らしすぎますよね?!

嵯峨野の今月の料理長おすすめ (2014年2月)

寒ブリのメニューは、お刺身($16.00)、かまの自家製塩麹焼き($22.00)、照り焼き〜柚子風味($22.00)とブリの美味しさを堪能できるお料理が軒並み、、、特に、寒ブリのたたき〜サラダ仕立て($18.00)は、脂のたっぷり乗ったブリと爽やかなスライスオニオン、そして旨味が凝縮された煮こごりとのハーモニーがまさに絶品。

余談になりますが、氷見漁業協同組合が日本貿易振興機構などと協力して、氷見産の寒ブリの米国輸出に乗り出し、昨年12月からL.Aやハリウッドなどのフランス料理店や日本料理店に納入。「脂の乗りが違う」と高い評価を得て、今後はN.Y.や香港へ販路を広げるそうです。

無形文化遺産に登録された「和食」の心と技が、これからもどんどん世界に浸透するでしょうね。

問い合わせ先: 647-7777

オンワードビーチリゾート

Leave A Comment

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。