September 18, 2020

グアムビジターズバイブルへようこそ

ブラウンカウのクリームトップヨーグルト

LINEで送る
Pocket

オーガニック食品や自然派食品を求める消費者が増加傾向にあるアメリカで、多くの新製品が市場に投入されている食品のひとつ「オーガニックヨーグルト」。
今回ご紹介するブラウンカウヨーグルトは、厳選された自然素材を使用して、時間をかけて丁寧に作られている、グルテン無使用のオーガニックヨーグルトです。
ブラウンカウでは、成長促進ホルモン剤や抗生物質を使用せず、カリフォルニアの牧場で健やかに育てられている乳牛から摂れるアメリカンヒューマンサーティファイド認定乳を、搾ってすぐに低温殺菌処理したものを使用しています。
現在市販されてるほとんどの牛乳は、高温高圧下で牛乳中の脂肪やタンパク質を細かく砕くホモジナイズド(HOMOGENIZED)処理がなされているため、本来の牛乳に含まれる栄養素は破壊され、体には吸収されません。
しかし、ブラウンカウ社が使用する低温殺菌処理されたミルクは、栄養素が壊れずに、S. thermophilus、L. bulgaricus、L. acidophilus、Bifidusなどの乳酸菌が生きているため、穏やかな風味となめらかなクリーム状の舌触りが際立った仕上がりとなっています。
特に、おすすめはクリームトップ。
牛乳というのは、自然に甘い生クリームの層が浮いてきます。ブラウンカウのクリームトップは、このクリーム層がヨーグルトの上部に入っているので、より自然な甘味が感じられます。
6ozサイズは、プレーン、コーヒー、メープル、ヴァニラの4種類(各$1.69)。
32ozサイズは、プレーン、メープル、ヴァニラ、ブルーベリーの4種(各$5.29)。
1973年、ニューヨークに住む2人の自称ヒッピー(?!)が、自作農場を始めるにあたり、最初にジャージー牛を買い、その牛にリリィと名付けました。その牛のミルクから、家族が食べる分のヨーグルトを作ったのがすべての始まり。
この自然派ヨーグルトが、ここグアムでまで販売されるようになった理由は、、、
食べてみれば分かります(ヨーグルトファンなら、ゼッタイ食べて欲しい!)。是非、皆さんも、トライしてみてくださ〜い!
110815-brown-cow-web.jpgbrowncowfarm.com
Pay-Less Supermarket
問い合わせ先(英語): オカ店 646-9301/マイクロネシアモール店 637-7233

Leave A Comment

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。