April 5, 2020

グアムビジターズバイブルへようこそ

グアムに ステルス戦略爆撃機を 前進配備

LINEで送る
Pocket

今週号でご紹介したペルセウス座流星群は、極大日だけでなく8月7日頃から15日頃までの期間、活動します。夏の夜、のんびり空を見上げてみたら、流れ星が見えるかもしれませんね。
(大門寺 文右衛門)

待望のお土産ラッシュシーズン到来です、、、みんなありがとう!
(ピカル)

先月末、嵯峨野で鰻丼御膳ランチを食べた時に、5年前、東京大学海洋研究所と水産総合研究センターの調査船団が、西マリアナ海嶺南端部の海山域で、天然ニホンウナギの卵31粒を採集したのをふと思い出しました。

確かに、グアムの川でもウナギは獲れるらしいので、ニホンウナギなのかもしれない、、、でも、巨大に育ち過ぎて味も全然違うとのこと。なんとかグアムで日本のクオリティで養殖できないのだろうか?!?
(パール)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機、B-2スピリット3機を、グアムに前進配備させたそうです。

先週の木曜日(8月7日)、アメリカ国防総省が、「ミズーリ州のホワイトマン空軍基地にあった地球規模攻撃軍団(AFGSC)第509爆撃飛行団所属のB-2爆撃機3機を、グアムのアンダーセン空軍基地に配備した」と発表。これに伴い空軍兵士220人も、B-2爆撃機と共にアンダーセン基地に移動しました。

1機につき核爆弾を16発も搭載できるB-2スピリット3機が、このタイミングで前身配備されるのには、もちろん意味があるのでしょう。1機2000億円でしたっけ?

「Freedom is not free.」

リンカーンの演説の中で出てきた言葉だそうですが、その後、アメリカ海兵隊のネッドドランや、退役陸軍大将で元国務長官のコリンパウェル、オバマ大統領も引用するほど、アメリカでは良く知られた名言です。

「自由はタダではありません」と訳してしまうと、この言葉の本質が読み取れませんが、自由を獲得してそれを存続させるためには、不断の努力が必要だということなのでしょう。

今週の金曜日(8月15日)は、終戦記念日ですね。

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機 B-2スピリット

B-2 Spirit Stealth Bomber
(Tom Slater/63.00kg)

Leave A Comment

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。