June 2, 2019

グアムビジターズバイブルへようこそ

モンブランの ボトルインク

モンブランのボトルインク
LINEで送る
Pocket

Tギャラリア by DFS グアムのブランドコーナーで、ひと際シャープな佇まいのモンブランブティックは、なぜかとても落ち着くお気に入りスポット。

先日、ふらりと立ち寄った際、デザインと機能性に心を奪われてモンブラン純正のボトルインクを購入しました。

万年筆製造メーカーのインクの提供形態には、インクが入ったカートリッジを取り替える「カートリッジ式」とピストンコンバーターを使って吸入する「ボトルインク式」があります。今回衝動買いしたボトルインクは、後者の万年筆に使用する専用インク(60ml/$17.10)のミステリーブラック。

万年筆メーカーの筆頭、モンブラン社のブラックなのだから、さぞ正統派な黒なのだろうと思って買ってみましたが、“ミステリー”とわざわざ冠してあるだけあって、普通の黒ではありませんでした。ちょっと紫っぽいんですね。

モンブランのボトルインク

趣味の文具箱誌vol25に各社インクの色分布チャートが載っていますが、他社ブラックに比べて明らかにはみ出した位置にあるので納得しました。個人的には、色合い、書き味含めて、ペリカンのエーデルシュタイン オニキスの方が合いましたが、このモンブランの黒も独特な雰囲気があり、ペン先の滑りも良いように感じます。ありきたりの黒に飽きた方には、こんなミステリアスな色合いの黒も面白いのではないかと思います。

気品を漂わせる靴をイメージしたボトルのキャップには、モンブランブランドを象徴する「ホワイトスター」が描かれ、インクの残量が少なくった際にボトルを傾けて最後の一滴まで吸い上げ易くするために底上げされた、ユニークな形状のデザイン。しっかりとした、引き出し式のお洒落なBOXも重厚感たっぷり。

晩秋の夜、万年筆の尻軸をゆっくり右に回して、インクを吸入するひと時は心がとても清らかになる気がします。

Tギャラリア by DFS グアム

#モンブラン

#万年筆

Leave A Comment

You must be logged in to post a comment.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。