December 10, 2019

グアムビジターズバイブルへようこそ

ESDのサンダルで花粉症対策

LINEで送る
Pocket

年々深刻度を増す花粉症。皆さんは大丈夫ですか? 今年は黄砂も例年以上のようで、出かける時には気を遣いますよね。
ビルケンシュトックでは、ALPRO(アルプロ)のサンダルを取り扱っています。その中で、ESD仕様のサンダルがあります。
ESDとは、Electrostatic Dissipative(Electrostatic Discharge)のことで、日本では「制電」と訳されています。制電とは、静電気を放電すること。精密電子機器を取り扱う会社や医療機関などでは、静電気を放電してくれる制電靴(Static-Dissipative Shoes)を履く人もいます。
通常ビルケンシュトックの靴底は、EVA混合の強化ゴムなので、通電性がありません。しかしこのESDシリーズには、靴底に通電性のある物質を練りこんで作った特殊な素材を使用しているので、通電性があるのです。
制電と花粉症が、どう関係があるのかって?
130325-esd-info.jpgESDの靴を履くと、静電気を放電してます。静電気が発生しないようにすると、着ている服などに花粉が付きにくくなります。これが結果的に、花粉症対策になるんです。
身体が静電気を帯びた状態だと、そこに花粉やほこりなどを寄せ付けます。静電気によってくっついた花粉やほこりは、まるで磁石のように、手で払ったくらいでは取れません。
ESDにより放電され、身体が帯電していない状態であれば、それだけ花粉やほこりがまとわりつかないということなのですね。
ビルケンシュトックのアルプロシリーズで、S100とC130のサンダルは、靴底がESD仕様になっています。ヨーロッパではESD規格というのがあって、どちらのサンダルもそれに合格しています。
130325-alpro.jpgアルプロ成型ソールはクッション性に優れた軽量素材を使用しているので、歩く時の衝撃を吸収し、滑り止め効果にも優れています。
足を守り安全に歩きながら、さらに花粉症対策にもなるサンダルなのですね。
ビルケンシュトック
(ザプラザ内『BIRKENSTOCK』)
営業時間: 10:00〜23:00、問い合わせ先: 646-2077
(マイクロネシアモール内『Collabo』)
営業時間: 10:00〜21:00、問い合わせ先: 633-2077
ビルケンシュトックグアム(Facebook)
【グアムビジターズバイブルの読者の皆さんへ嬉しい特典】
マイクロネシアモール内にある『コラボ』は、ザ プラザにある『シュガークッキー』と『ビルケンシュトック』が一緒になった人気ショップ。その『コラボ』にご来店の方で、旅行会社が発行しているバス券またはクレジットカードを見せると、ビルケンシュトックオリジナルのキーホルダーがもらえます。
さらに、ビルケンシュトックグアムでは、ただ今、学生旅行応援キャンペーンを実施中。詳しくは、店頭で日本人スタッフにおたずねください。

Leave A Comment

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。