October 27, 2020

グアムビジターズバイブルへようこそ

アメリカで話題のセラミックフライパン

LINEで送る
Pocket

炒める、煮る、茹でる、蒸すなど、様々な調理に使うフライパンは、使用頻度が多いだけに、安心して使えるものを選びたいもの。
フライパン選びで気になるのが、鉄やセラミック、フッ素樹脂加工などの素材。食材がこびりつきにくくお手入れが簡単なことから、家庭で良く使用されているのがフッ素樹脂加工のフライパンですが、内面のフッ素樹脂加工がはげてきたり、高温になった時に有害ガスが発生して健康に影響を及ぼすと、議論され始めています。
最近、アメリカの通販で発売されている、ORGREENIC KITCHEN WARE社が開発したセラミックノンフライパンは、PTFE(フッ素)加工の製造工程で使用されている残留性の強い物質PFOA(パーフルオルクタン酸)不使用のフライパン。
硬質アルマイトに特殊な技術でセラミックをコーティングすることにより、驚きの焦げ付きにくさと高い耐久性を実現した、安心調理器具として人気を呼んでいます。
エコカラーとも言えるグリーンカラーの調理面は、調理中に食材の焦げ目なども分かりやすく食材が美味しく見え、人間工学に基づいて持ちやすいように設計されたエルゴノミクスデザインのステンレス製のハンドルは、調理中に熱くなりにくい形をしているだけではなく、そのままオーブンにも入れられます。
こちらのフライパンが、ロスドレスフォーレス($14.99)で販売されていたので購入してみると、取扱い説明書に「使用前の準備」として、油をひいて摂氏150度のオーブンにて1時間加熱とありました。
130520-fly-pan.jpgテフロンに慣れ過ぎてると、この「使用前の準備」という手間にピンと来ないのですが、セラミックフライパンは、中華鍋などのように油をひいて馴染ませてから使うのが基本。この手間を省くと表面の耐久性がなくなったり、油を使わないとくっ付くフライパンになってしまいます。
説明書どおりに、「使用前の準備」をしてから使ってみたところ、確かに焦げ付きにくいです。
興味がある方は、You Tubeの動画をチェックしてみてください。
Orgreenic Kitchenware Fry Pan
ロスドレスフォーレス
問い合わせ先: 647-7677(英語)

Leave A Comment

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。