June 23, 2019

グアムビジターズバイブルへようこそ

ディズニー最新映画作品『Pete’s Dragon (ピートとドラゴン)』

LINEで送る
Pocket

12月24日のクリスマスイブに日本で公開予定のディズニー映画、『Pete’s Dragon (ピートとドラゴン)』が、8月12日にグアムで公開されました。

この映画は、1977年公開のドラゴンと少年の物語『ピートとドラゴン』のリメイク版。

ピートとドラゴン

物語の舞台となるアメリカの太平洋岸北西部にある木材産業の街のミルヘイヴンのロケ地に選ばれたのは、ハリウッド映画撮影にあまり使われていなかったニュージーランド。

映画製作の中心地、ウエリウッドのある首都ウェリントンやクィーンズタウン、そして、アメリカの田舎町のメインストリートは、南島南部にあるタパヌイ。

物語に登場するほとんどの森のシーンは、カリフォルニアレッドウッド(セコイア杉)の巨木が立ち並ぶロトルアのレッドウッドフォレストで撮影され、ウェリントンのストーンストリートスタジオの隣にあるウェタデジタルの最新のデジタルエフェクツにより、ドラゴンのエリオットに命が吹き込まれたようです。

ストーリーは、森の管理人のミーチャム(ロバートレッドフォード)は、太平洋岸北西部の森の中に住む恐ろしいドラゴンのおとぎ話を地元の子供たち聞かせて楽しませてきました。

ピートとドラゴン

しかし、彼の娘、森林保護のパークレンジャーとして働くグレイス(ブライス ダラス ハワード)が森で不思議な10歳の少年ピート(オークス フェグリー)と出会います。家族も住む家もないピートが森の中で一緒に暮らしているのは、巨大な緑色のドラゴンのエリオット。少年ビートは何者なのか、そしてドラゴンの正体は? というファンタジー物語(1時間42分)。

ピートとドラゴン

リメイク版を手掛けるは「セインツ-約束の果て」のデヴィッド ロウリー監督。今作品が初のディズニー作品となります。

英語公式ホームページからは、12ページのアクテビティポケット(PDF)が無料ダウンロードできますので、興味のある方は是非参照してみてください。

ターザンのように森で暮らすピートと、ドラゴンのエリオットとの友情を描いていたディズニー映画『Pete’s Dragon (ピートとドラゴン)』。グアムの映画館は日本より低価格でカジュアルなので、一足お先に家族で楽しんでみませんか?


Pete’s Dragon – Official US Trailer

Pete’s Dragon – 英語公式ホームページ
http://movies.disney.com/petes-dragon-2016

マイクロネシアモール映画館
上映時間: 12:00/13:00/14:15/15:15/16:30/17:30/18:45/19:45/21:00/22:00

グアムプレミアアウトレット映画館
上映時間: 12:05/14:25/14:55/16:45/19:05/22:00 (3D 12:35/17:15/19:35)

#PetesDragon

Leave A Comment

You must be logged in to post a comment.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。